BLOG

あけおめです。ビバ、2018年。今年もより一層ステキな作品を皆様にお届けすることができますように…。

稲川さんの恋と怪談も4話を終え、単行本作業にひーこらです。
僕は忙しい年明けを迎えそうですが、皆さまはなにとぞご自愛ください。

今年の目標は、シンプルに「健康に頑張る」です。
運動する習慣をつけます。はい…。

2017/09/27の電撃マオウにて稲川さんの恋と怪談の01話が掲載されました。

なんと第一話が丸っと公式サイトで読めちゃいますよ!
まだ読めていない方はこちらをどうぞ→



素晴らしいロゴや他デザインなど、デザイナー様のお仕事は本当に凄いですな!写植やもろもろの作業をしていただいている担当様だったり、印刷所の方だったり、こうやって他の方の手が入ると、自分だけの作品ではなくなっていくような、ちょっと不思議でとても有難い気持ちになります。

……。


で、たぶん単行本とか他では発表する機会がないのでここで言っちゃいますが、

01話でちらっと出てくる内未君の原稿の一コマですが…

アレ(↓)は僕が大学一年生の初期に描いた産物をリサイクルしたものです。


漫画家を目指し間もないころ、実は僕はファンタジーが描きたかったんだ…。

ちなみに開始早々内未君は編集者に原稿をボロカスに叩かれますが、そのうちの一言に

「え、コイツ女だったの?男かと思っタ」というものがあります。

それはリアルに僕が17歳の時に同級生から言われた言葉です。

辛い記憶を呼び覚ましながら描いた01話目でした。


2017/9/27の電撃マオウ11月号にて連載をはじめます。

ネタを探すために自ら心霊スポットなどの危ない場所に突撃取材するホラー漫画家の少女“稲川マツ”と、その取材のアシスタントをすることになった漫画家志望の男の子“内未一(うつみはじめ)”がおりなす青春と怪奇の連鎖…が本作のあらましです。

ヒロインの名前が稲川なのはお察しください。

……。

ということで、本作品にはホラー要素があります。私が個人的に蒐集していた心霊体験(ネタ元からは許可いただいております)を元にした“本当にあった系”のお話もしれっと混ぜてゆきますが、テーマは青春ホラーです。稲川さんと内未くんとのドタバタがメインですので、怖いお話が苦手な方も安心して頁をめくってくださいませ。


…それでも万が一、電気を消して眠ることができなくなってしまった人は歌でも歌って心を落ち着かせましょう

……お化けなんてなーいさ、お化けなんてうーそさ、ねーぼけーたひーとが、みまちがーえたーのさ

「閃いちゃった」